会社沿革

経営理念=目的理念

私たちは、日本建築の文化の継承と、伝統を活かした技術革新を通じて社会に貢献します。


行動理念

 一. 私たちは、安全で安心できる快適な住まいのある暮らしを提供します。(科学性)
一. 私たちは、社会に信頼される会社となり、地域社会の発展に貢献します。(社会性)
一. 私たちは、共に学び、共に育ち、全社員の幸福を追求します。(人間性)

この経営理念は孫七瓦工業株式会社が継続的・計画的に社会に役立つ企業としての根本的な価値基準です。

昭和39年4月資本金50万円で13代続いた「神瓦七」から屋根工事部門を分離して、孫七瓦工業株式会社を4月23日に設立し、代表取締役・清水幹夫、工事責任者・池川武男(前専務取締役)が就任
昭和40年2月資本金100万円に増資
昭和41年1月資本金300万円に増資
昭和41年12月建設業の知事登録
昭和47年12月建設業の奈良県知事許可取得(般-18 第217号)
昭和48年2月資本金500万円に増資
昭和51年4月資本金1000万円に増資
昭和63年4月本社事務所 竣工「斑鳩路(いかるがじ)瓦」特許取得(第2144481号)
平成元年11月資本金1500万円に増資
平成2年1月「菊光(きくひかり)瓦」特許取得(第2147121号)
平成4年6月「屋根の隠し樋工法」特許取得(第2144480号)
平成4年11月清水幹夫 卓越技能者(現在の名工)知事表彰
平成6年6月「瓦の葺設工法」特許取得(第1670887号)
平成6年10月「瓦の土錬成型機における口全構造」特許取得(第1879944号)
平成10年11月清水幹夫 黄綬褒章 受章
平成14年7月瓦保管倉庫 竣工
平成19年11月
清水幹夫 旭日双光章 叙勲
平成20年
清水幹夫 天皇皇后両陛下より「春の園遊会」にお招きをうける
平成21年
清水幹夫 「やまと熟練技能者活躍バンク」に登録される
平成24年8月
代表取締役社長に清水良洋が就任
代表取締役会長に清水幹夫が就任
専務取締役に池川明夫が就任
平成26年6月


ものづくり・商業・サービス革新事業 採択
 「瓦とガーデニングのコラボレーションによる新たな日本文化の創造」
小規模事業者持続化補助金 採択
    7月建設企業のための経営戦略アドバイザリー事業 チームアドバイス支援 採択